試合レポート

スーパーシリーズファイナルズ2017

シングルスで山口選手が優勝!!ダブルスで福島・廣田ペアが準優勝。

今大会は年間12大会行われる世界最高峰のトーナメント「スーパーシリーズ」の上位8人、8ペアだけが出場できるビッグトーナメントです。

世界ランク2位の山口選手は予選リーグ2勝1敗で通過。準決勝ではタイのINTANON選手と対戦しました。ファイナルゲーム終盤、14‐18でリードされますが、6連続得点で逆転。21‐19で勝利し決勝に進出しました。決勝はリオ五輪銀メダル、世界ランク3位のPUSARLA選手と対戦。予選リーグでは0-2でストレート負けした相手です。1ゲーム目は15‐21で落としますが、2ゲーム目を21‐12で奪い返します。ファイナルゲームは終盤まで競り合いますが、最後まで諦めずにプレーした山口選手が21‐19で勝利。今大会3度目の出場で念願の初優勝を成し遂げました。

世界ランク5位の福島・廣田ペアは今大会初出場。全日本総合選手権大会初優勝の勢いでこの大会に臨みました。予選リーグは3戦全勝で1位通過。準決勝でも中国ペアに2-0の快勝で決勝に進出しました。

決勝の相手は同じ日本の米元・田中ペア(北都銀行)。2週間前の全日本総合選手権では2-0で勝利していましたが、今回は0-2で敗退。準優勝という結果でした。

応援ありがとうございました。

このページのトップへ